プロロジス/茨城県古河市に物流拠点2棟、計11.7万平方米を開発

2013年05月15日 

プロロジスは5月15日、茨城県古河市でビルド・トゥ・スーツ(BTS)型施設「プロロジスパーク古河1」「プロロジスパーク古河2」2棟の開発に着手すると発表した。

<プロロジスパーク古河1、2>

「プロロジスパーク古河1」「プロロジスパーク古河2」は首都圏から50㎞圏に位置し、現在整備が進む圏央道五霞ICから5㎞地点にある国道4号線による都心部へのアクセスが可能な北利根工業団地内に開発する。

2棟のプロロジスパークは約3万2000坪の土地を2区画に分けた隣接する敷地に建設するもので、両棟とも2階建て、合計した延床面積は11万7000㎡を予定している。

プロロジスがグローバルで推進している再生可能エネルギーの積極的活用に基づき、2棟にも施設屋根面への太陽光パネル設置を検討している。

なお、専用施設として開発するもののテナントは確定していない。

■概要
「プロロジスパーク古河1」計画概要
名称:プロロジスパーク古河1
所在地:茨城県古河市北利根
敷地面積:約5万4000㎡
延床面積:約6万2000㎡
構造:地上2階建
着工予定:2013年
竣工予定:2014年

「プロロジスパーク古河2」計画概要
名称:プロロジスパーク古河2
所在地:茨城県古河市北利根
敷地面積:約5万2000㎡
延床面積:約5万5000㎡
構造:地上2階建
着工予定:2014年
竣工予定:2015年

最新ニュース