ラサール、三菱地所/相模原市緑区に16万㎡の物流施設開発

2013年05月13日 

ラサール不動産投資顧問と三菱地所は5月13日、圏央道開通で注目を集める相模原エリアで、「(仮称)ロジポート橋本」の開発に着手すると発表した。

<ロジポート橋本外観>

「ロジポート橋本」は、地上5階建て、免震構造で、延床面積約16万2000㎡の規模で、2013年10月着工、2014年秋竣工を予定している。

近隣で建設を進めている「ロジポート相模原」は、8月末竣工を前に、既に大手3PL企業等と約9万3000㎡(全体の約50%超)の賃貸借予約契約を締結するなど、好調にリーシングが進捗している。

<ロジポート相模原外観パース>

両社が共同で開発する「ロジポート相模原」、「ロジポート橋本」は、2棟合計で延床面積37万㎡(東京ドーム約8個分)の規模を有し、優れた交通利便性・雇用環境のみならず、免震構造の採用、40フィートコンテナ車が各階着車可能な大型ランプウェイの完備、テナントニーズに応じて分割賃貸可能なフロアプランなど、最新性能を備えた大型マルチテナント型物流施設となる。

■ロジポート橋本 施設概要(予定)
所在地:神奈川県相模原市緑区大山町403-1(地番)
敷地面積:6万7748.64㎡
延床面積:約16万2000㎡
構造:SRC造(一部S造) 地上5階建、免震構造
設計監理監修:三菱地所設計
用途:マルチテナント型物流倉庫
着工:2013年10月
竣工:2014年秋

■ロジポート相模原 施設概要
所在地:神奈川県相模原市中央区田名字赤坂3700-3他(地番)
敷地面積:9万4197.27㎡
延床面積:21万826.02㎡(予定)
構造:RC造(梁・柱PC) 地上5階建、免震構造
設計監理監修:久米設計
設計・監理・施工:大林組
用途:マルチテナント型物流倉庫
着工:2012年7月
竣工:2013年8月末(予定)

最新ニュース