住友電工デバイス・イノベーション/大阪事業所を閉鎖

2013年05月06日 

光・電子デバイスの住友電工デバイス・イノベーション(以下:SEDI社)は5月2日、6月末で大阪事業所を閉鎖すると発表した。

大阪事業所での光デバイス製品の開発・製造は、量産機能を住友電工(蘇州)光電子器件(中国・江蘇省蘇州市)へ、マザー工場機能をSEDI社山梨事業所(山梨県中巨摩郡昭和町)へ統合し、SEDI社大阪事業所を閉鎖する。

光・電子デバイス事業の収益化にむけて、海外生産シフトの加速と国内拠点の統廃合、開発テーマの絞り込みや不採算品種の撤退、これら対策に伴う余剰人員の当社グループ内の他部門へのシフト、を柱とする構造改革に取り組んでいた。

最新ニュース

物流用語集