オリックス不動産/愛知県犬山市の物流施設、竣工前にテナント決定

2013年04月25日 

オリックス不動産は4月24日、5月末に竣工を予定している愛知県犬山市の(仮称)犬山ロジスティクスセンターを、大手物流会社との一棟貸の賃貸借契約を締結したと発表した。

<完成予想図>

犬山ロジスティクスセンターは、中部地区では希少な大型新築物流施設。

東名小牧ICより約5Kmと利便性が高く、小牧ロジスティクスセンター(2010年竣工)に続き、小牧エリアで2棟目の開発となる。

大型トラックが20台接車可能な1階のトラックバースに加え、車路幅員約 13.5mの両方向走行可能なスロープにて3階屋内車路に接続。

その奥に、オーバースライダーで遮蔽できる奥行き約13mのトラックバースを配置し、雨天にも対応可能。

1 階・3階ともに高さ1mのプラットフォームとなっており、バースと倉庫の間にはシャッターを設置し、セキュリティ面にも配慮している。

■物件概要
名称 :犬山ロジスティクスセンター
所在地 :愛知県犬山市字五反田4
敷地面積:1万9508.53㎡
賃貸面積:3万8916.98㎡
規模・構造:鉄骨造4階建
その他:床荷重1.5t/㎡ 梁下有効高5.5m

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集