CTC/リアルタイムで輸配送を支援する物流情報基盤を構築

2013年04月18日 

伊藤忠テクノソリューションズは4月18日、グローバルロジスティクスソリューションに、リアルタイムでの訪問予約や貨物追跡を可能にする物流情報統合管理基盤「サプライチェーンネットワークコントローラー」の機能を7月1日より追加すると発表した。

世界の小売大手で多数採用されている同様の機能を、クラウド型でサービス提供する。

独自に開発したサプライチェーンネットワークコントローラーは、輸配送実行状況の情報などをクラウド上に集約して、リアルタイムで制御できる物流情報統合管理基盤。

車両数、運行区間・積載率などの車両情報、配送員の持つスマートフォンやハンディターミナル、車載器などから得られる位置情報などをこの基盤を利用して、出荷者、配送者、着荷主などの輸配送の関係者が、それぞれの目的に応じて予約や追跡などの必要な機能を選択し、利用することができる。

基盤を使用した機能として、「訪問時間枠予約」と「リアルタイム貨物追跡」の機能を提供する。

<訪問時間枠予約画面イメージ>

訪問時間枠予約機能は、基盤上で逐次更新されている実際の輸配送リソース状況に応じて訪問可能な日時が計算され、時間枠を予約することができる。

予約状況は自動で輸配送計画に反映されるため、着荷主の配送希望日時に応じた配車手配、日程の調整および確定連絡などの人的作業が大幅に削減できる。

訪問に事前のアポイント取得が必要な全てのサービスで適用が可能で、家具や寝具・家電などの配送だけではなく、例えば引越し、中古車・リフォームなどの訪問査定、ガスや消防設備などの定期点検やメンテナンス、中古品やリサイクル品の回収など、適用範囲は多岐にわたる。

<リアルタイム貨物追跡画面イメージ>

リアルタイム貨物追跡機能によって、着荷主からの配送状況の問い合わせへの対応など、輸配送のバックオフィス業務が大幅に軽減できる。

利用企業のECサイトやウェブサイトと連携させることで、自社サイト上でお届け時間指定や貨物追跡の機能を提供することも可能になる。

これらの機能は基本使用料と利用料(従量課金)で利用でき、企業が独自にシステムを構築する場合と比較して、最大でコストを50%削減できる。

CTCでは、今後、サプライチェーンネットワークコントローラーを利用したサービスとして、空き車両登録機能(求車機能)やリアルタイム輸送経路選択機能などを提供し、様々な業種の輸配送業務を支援する。

なお、サプライチェーンネットワークコントローラー等の商品説明会を東京、大阪で開催する。

■サプライチェーンネットワークコントローラー(SNC) ソリューション紹介セミナー
http://www.mams.ne.jp/rp/seminar2

最新ニュース