日本政策投資銀行/厚木市の物流センター、環境対応で認証

2013年04月11日 

日本政策投資銀行は、野村不動産投資顧問が運用する厚木物流配送センター(神奈川県厚木市)に対して、非常に優れた「環境・社会への配慮」がされている物流施設としてDBJ Green Building認証「Silver2012」を付与した。

<厚木物流配送センター>

共用部における自動消灯センサーの設置や屋根におけるダブル折板の採用等の高い省エネ性能を有する設備の導入、ペットボトルキャップの回収を含めたごみの分別・リサイクルの実施等、ハード・ソフトの両面において環境配慮を図っている点などを評価した。

昨今の物流施設として十分な天井高や床荷重等のスペックを有し、トラックの十分な待機スペースの確保、リフレッシュコーナーや喫煙スペースの設置等、高い利便性を実現している点も高く評価した。

■厚木物流配送センターの概要
所在地:神奈川県厚木市酒井字下愛坪
敷地面積:22,087.08㎡
延床面積:49,851.97㎡
竣工:2008年1月
構造:地上5階

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集