エーアイテイー/2月期決算、売上高は14.2%増、営業利益22.1%増

2013年04月05日 

エーアイテイーが4月5日に発表した2013年2月期決算によると、売上高は167億3000万円(前年同期比14.2%増)、営業利益12億7700万円(22.1%増)、経常利益12億9200万円(19.1%増)、当期利益7億7700万円(23.9%増)となった。

セグメント別では、日本の売上高は138億5000万円(12.8%増)、営業利益は10億1400万円(16.1%増)となった。

日用雑貨等を扱う通信販売の企業やアパレルを扱う小売企業を中心に海上輸入貨物が堅調に増加し、また通関業務も含めた一貫輸送提案の強化により、通関受注件数も堅調に増加した。

その結果、海上輸送における取扱コンテナ本数は、輸入で16万2603TEU(14.3%増)、輸出入合計では17万679TEU(14.6%増)、通関受注件数は4万5064件(24.0%増)となり、同業他社との価格競争等による販売価格の低下要因をカバーし、増収増益だった。

中国では、日本向け貨物が堅調に増加した結果、売上高は28億4800万円(22.1%増)、貨物量の増加に加え売上総利益率が好転したことから、営業利益は3億200万円(85.9%増)となった。

来期は、売上高200億2600万円(19.7%増)、営業利益14億2300万円(11.4%増)、経常利益14億3000万円(10.7%増)、当期利益8億9800万円(15.6%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集