DHLサプライチェーン/コニカミノルタの物流事業を継承

2013年03月22日 

DHLサプライチェーンは3月22日、コニカミノルタホールディングスの物流業務を受託した。

企画立案・計画策定・オペレーションまでの一貫した包括的で戦略的なロジスティクスを提供するリードロジスティクスプロバイダー(以下:LLP)の契約を結び、今年7月より国内LLP サービスを提供する。

なお、コニカミノルタ物流より事業を継承し、国内拠点等を引き継ぐ。

LLPサービス提供により、DHLサプライチェーンはコニカミノルタグループの物流設計・管理・オペレーション・継続的改善などの日本国内の物流機能を包括的に担う。

最適化された倉庫・運送オペレーションや国内配送ネットワークなどの物流機能を提供する。

グループ全体での業務プロセスの標準化や国内ネットワークの再構築、効率的な管理手法確立を通じて同社の物流事業の最適化だけでなく、コスト削減も図る。

LLPは、戦略的なパートナーシップのもと物流機能の管理やオペレーションの委託であるサード・パーティー・ロジスティクス(3PL)の提供に加え、ロジスティクス全体を最適化する企画立案や計画策定といった包括的な高付加価値サービスを提供し、効果的かつ効率的なロジスティクスを提供するサービス。

グローバルで蓄積された専門知識とノウハウを駆使し、KPI(Key PerformanceIndicator、主要業績評価指標)に基づいた品質管理、コスト管理の可視化および業務プロセスの標準化の実現を図ることで、顧客のサプライチェーン全体の生産性とオペレーション効率を向上するとしている。

最新ニュース

物流用語集