味の素物流/17億円投じ、仙台の物流拠点を再建

2013年02月28日 

味の素物流は2月28日、東日本大震災で被災した仙台低温物流センターを再建すると発表した。

<完成イメージ>

17億円を投じ、着工は2013年3月、稼働開始は2014年2月の計画。

品質水準の向上、従業員や車両の安全確保、津波被害を想定した建物の構造強化を図る。

仙台低温物流センターは、被災以前から冷蔵・冷凍倉庫とドライ倉庫の機能を持ち、3温度帯倉庫が少ない東北エリアで、大手外食チェーンを含む、多くのユーザーに利用されていた。

東日本大震災の津波被害により、全損、物流機能の復旧が不可能となったため、震災後は外部の倉庫を使用していた。

■味の素物流新仙台低温物流センター概要
所在地:宮城県仙台市宮城野区蒲生2-31-4
構造:地上3回建て
敷地面積:約9940㎡
延床面積:約9780㎡
従業員数:約60名

最新ニュース

物流用語集