大和ハウス/100億円投じ、奈良工場を住宅専門工場へ建替え

2013年02月27日 

大和ハウス工業は2月26日、奈良工場を、次世代環境配慮型工場「D’s SMART FACTORY」に建替え、12月に操業を開始すると発表した。

鉄骨部材、外壁パネル、木質パネルを生産し、第二、第三工場も建替える。

<奈良工場第一工場完成予想図>

建替えにあたり、工場棟には次世代環境配慮型工場である「D’s SMART FACTORY」の技術を、事務所棟および食堂棟には環境配慮型オフィス「D’s SMART OFFICE」の技術を採用する。また、工場棟・事務所棟・食堂棟はショールームとしても活用する。

あわせて、奈良工場内に戸建住宅を検討している顧客向けの体験施設「(仮称)住まいの科学体験館」を建設し、2013年度中にオープンさせる予定だ。

■建物概要(工場棟)
所在地:奈良県奈良市西九条町4-2-2
敷地面積:16万4300㎡
総事業費:約100億円(第一工場、第二工場、第三工場、事務所棟、食堂棟)
第一工場の工事概要
事業費:約40億円(第一工場、事務所棟、食堂棟)
用途別
奈良工場(第一工場)
延床面積:2万3341.15㎡
建築面積:2万4143.84㎡
階数:平屋建(一部2階)
高さ:9.16m
構造:鉄骨造
事務所棟
延床面積:2364.83㎡
建築面積:1254.32㎡
階数:2階建
高さ:8.22m
構造:鉄骨造
食堂棟
延床面積:760.00㎡
建築面積:766.20㎡
階数:平屋建
高さ:5.92m
構造:鉄骨造

最新ニュース