飲料メーカー/賞味期限の年月表示へ、製配販で物流軽減

2013年02月26日 

キリンビバレッジ、アサヒ飲料、日本コカ・コーラなど飲料メーカー5社は5月以降、清涼飲料の賞味期限「年月表示」に切り換える。

賞味期限は年月日で、配送や保管、店陳を日別に管理しているが、月別に管理することで、製配販におけるサプライチェーン上の物流拠点間の転送、転送によるCO2排出等や、物流倉庫の保管スペース、店頭の先入先出作業等を軽減を期待している。

対象商品は国産水、国産ミネラルウォーター、2Lペットボトル。

参加企業と、最初の対象商品は、アサヒ飲料(アサヒ おいしい水)、伊藤園(磨かれて、澄みきった日本の水)、キリンビバレッジ(キリン アルカリイオンの水)、サントリー食品インターナショナル(サントリー天然水)、日本コカ・コーラ(森の水だより)。

今後、国産水、国産ミネラルウォーター小容量(500ml前後)の移行を検討し、その後、その他の清涼飲料についても検討する計画。

なお、賞味期限の表示方法は業界内で各社標準化し、漢字表記とする(○年○月)。

<賞味期限の表示例>

最新ニュース

物流用語集