三菱ふそう/インドで「バーラト・ベンツ」の中型トラックを生産

2013年02月20日 

三菱ふそうトラック・バスは2月20日、ダイムラー社100%子会社のDICV社がインド、チェンナイ近郊のOragadam(オラガダム)工場で、「BharatBenz(バーラト・ベンツ)」ブランドの中型トラックの生産を開始したと発表した。

三菱ふそうトラック・バス(以下:MFTBC)は、DICV社に対し、車両の開発と生産のサポートを行っており、生産を開始した車両は、MFTBCの小型トラック「キャンター」の運転席と中型トラック「ファイター」の足回りを活用したもの。

同車両は、4D34型4気筒ディーゼルエンジンを搭載。車両総重量9トン(エンジン出力:100kW)の914Rモデルおよび、車両総重量12トン(エンジン出力:125kW)の1214Rモデルおよび1217Cモデル(建設仕様)の3機種で構成され、インド市場で、同クラスの車両より10%以上燃費を改善している。

DICV社は7億ユーロ以上を投資し、敷地面積160ヘクタールの組立工場と、テストコースなどの研究・開発施設を整備した。

DICVでは、部品の現地調達率を85%まで高めるとともに、そのうちの40%以上の部品は、オラガダム工場の40km圏内で調達する予定。2014年までに販売ネットワークを100拠点以上に拡大する計画。

最新ニュース

物流用語集