日本プロロジスリート/東証不動産投資信託証券市場に上場

2013年02月14日 

日本プロロジスリート投資法人は2月14日、東京証券取引所不動産投資信託証券市場に上場したと発表した。

同投資法人は、世界最大規模の物流不動産企業グループで、日本での賃貸用物流施設の開発と運営のパイオニアであるプロロジス・グループをスポンサーとし、物流施設を主な投資対象として、安定的な収益の確保と保有する特定資産の規模、価値の成長を通じ、投資主価値の最大化を目指す。

同投資法人は、日本で卓越した開発実績を持つプロロジス・グループが開発する「A クラス物流施設」に重点投資する。

当初取得予定資産はすべてプロロジス・グループが開発した、安定稼働中の A クラス物流施設(計12物件、取得予定価格計1730億円)。

プロロジス・グループが有する物流施設に関するパイプラインを活用して将来の新規物件の取得の機会を確保し、投資主にクオリティの高い物流施設に投資する機会を提供する。

プロロジス・グループのカスタマー・ネットワークやプロパティ・マネジメント等のノウハウを活用することによって、運用資産の安定的な運営と着実な成長を目指していく。

最新ニュース

物流用語集