富士フイルム/330億円投じ、大型液晶テレビ向け新工場が稼働

2013年01月29日 

富士フィルムは1月28日、大型液晶テレビに使用される「超広幅フジタック」を生産する富士フイルム九州第4工場第8ラインを1月23日より稼働したと発表した。

第8ラインでは、大型液晶テレビで最も多く採用されているVAモードの液晶パネルの視野角拡大やコントラスト向上に寄与するVA用フィルムを生産する。

第7ラインも3月に稼働を開始する。

第7ラインは、IPSモードの液晶パネルにおいて、斜め方向から画面を見た際の色味変化を抑える機能を持つIPS用フィルムや、偏光板保護フィルムとしてあらゆるモードの液晶パネルに広く使用されている「プレーンタック」を生産する。

■新工場の概要
工場名:富士フイルム九州 第4工場
建設場所:熊本県菊池郡菊陽町津久礼2900
投資金額:約330億円(第7ライン:180億円、 第8ライン:150億円)
建屋面積:約1万3000㎡
延べ床面積:約3万4000㎡
生産能力:第7ライン年間7000万㎡、第8ライン年間4000万㎡

最新ニュース

物流用語集