良品計画/139億円投じ、埼玉県に物流センター新設

2013年01月25日 

良品計画は1月25日、首都圏の物流センターを埼玉県比企郡鳩山町に新設すると発表した。

139億円を投じ、延床面積10万㎡、地下1階・地上4階建ての物流センター(良品計画 鳩山センター)を設けるもので、2月に着工し、来年11月稼働の計画。

新物流センターでは、首都圏店舗への商品供給を行う浦安センター(千葉県)移転し、効率と対応力を増強し、成長性が見込まれる首都圏の事業拡大を支える。

衣服・雑貨を中心とした海外生産地からの輸入商品の管理、同社の各物流センター(浦安センター、神戸センター、福岡センター、新潟センター)への商品供給を行う長岡調達センター(新潟県)の機能を移設して、商品運搬コスト、センター運営コスト、倉庫賃料の低減を図る。

なお、浦安センターは新物流センター稼働に伴い閉鎖するが、長岡調達センターは、新センターに一部機能は移管するものの、継続して運用する。

新物流センターの運用は、良品計画の物流子会社であるアール・ケイ・トラックが対応する予定。

新物流センターの概要
事業所名:良品計画 鳩山センター
所在地:埼玉県比企郡鳩山町大字奥田字羽黒114-2
投資額:139億円(土地、建物、物流機器等)
規模
敷地面積:168,295㎡
延床面積:105,231㎡
構造
柱:鉄骨鉄筋コンクリート構造、梁:鉄骨構造
着工時期:2013年2月(予定)
竣工時期:2014年7月(予定)
稼動開始:2014年11月(予定)

最新ニュース