KDDI、KCCS、インフォア/東南アジアの製造業向けERP分野で協業

2013年01月23日 

KDDIシンガポール(以下:KDDI-S)、京セラコミュニケーションシステム(以下:KCCS)、インフォアジャパンの3社は、東南アジアで事業展開する製造業向けのERPソリューション分野で協業すると発表した。

グローバル展開を望む製造業向けに、販売から会計、生産管理までをワンストップで提供するSaaS型ERPサービスを提供し、海外事業展開のスモールスタートを支援する。

インフォアの中堅・中小企業の製造業向けERPパッケージ「Infor SyteLine」に、現地販売管理機能や制度会計に対応し、グループ内連結経営管理にも対応したKCCSのアドオンモジュールを付加し、KDDI-Sのデータセンター「TELEHOUSE Singapore」でサービスプラットフォーム化して、サービスメニューを各種用意する。これらの組み合わせによりグローバル経営を支援する。

サポート面では、製造業の東南アジア展開を熟知したプロフェッショナルチームが、顧客環境のヒアリングからサービス利用開始までをきめ細かにサポート。また、導入後のサポート窓口は英語・日本語をはじめとする各国言語にて対応する。

KDDI-Sには、シンガポールのデータセンター事業の運営および東南アジア地域でのシステムインテグレーションで培ったノウハウがある。KCCSは世界各国に拠点をもつ京セラの海外展開を支え、現地の税制や会計基準などのノウハウを蓄積している。

インフォアの「Infor SyteLine」は製造業の基幹業務に必要な各種機能を搭載し、全世界で5500サイト、アジア太平洋地域で1400サイトに導入した実績がある。

3社はそれぞれのもつノウハウを組み合わせ、グローバルなサポートネットワークや海外導入実績をベースに、総合的なICTのサービスをワンストップで展開していく。

3月14日にシンガポールで、製造業向け業務アプリケーションの「Infor SyteLine」をベースにした統合情報基盤を、シンガポールを拠点としてクラウドで活用するソリューションを紹介するセミナーを開催する。

問い合わせ
京セラコミュニケーションシステム
KCCSカスタマーサポートセンター
TEL:0120-911-901(フリーコール)
kccs-support@kccs.co.jp

最新ニュース

物流用語集