豊田通商、センコー/タイで自動車部品のミルクラン事業

2013年01月17日 

豊田通商とセンコーは1月17日、タイで合弁会社、センコーロジスティクス(タイランド)を設立したと発表した。

タイの自動車部品や化学品の輸送において、高品質の輸送体制の構築を目的に設立するもので、営業を1月末から開始し、4月から本格稼働する。

新会社は、豊田通商タイの子会社TTKLの協力会社として日系自動車工場向けへの部品調達輸送(ミルクラン事業)と、ケミカル品や一般貨物輸送を行う。

4月からミルクラン事業をスタートさせ、初年度の売上高約1億円、5年後には約6億円を目指している。

今後は、ミルクラン事業を基盤とし、タイで輸送網を拡充するとともに、タイを起点とした新たな物流サービスについても検討する。

なお、TTKLが所有し3月に開設予定しているドライバーの安全教育施設(T-PRO)の運営支援なども行う。

新会社の概要
会社名:Senko Logistics(Thailand)Co.,Ltd.
会社設立:2012年12月28日
本社住所:607Asoke-Dindaeng Road,Kwaeng Dindaeng,Khet Dindaeng,Bangkok 10400
資本金3000万THB(タイバーツ)(約7500万円)
出資比率:Toyota Tsusho(Thailand)51%、センコー49%

最新ニュース

物流用語集