矢野経済/生産管理・SCMのパッケージ化進む

2013年01月15日 

矢野経済研究所は1月15日、ERP・業務アプリケーションにおける自社開発システムの利用意向に関するアンケート調査をまとめた。

それによると、自社開発システムを利用するユーザ企業は減少し、パッケージの導入が進むと予測。

現在自社開発システムを利用している比率を分野別にみると、財務・会計 19.5%、人事・給与 13.1%、販売管理 57.6%、生産管理・SCM(加工組立製造業)51.6%、生産管理・SCM(プロセス製造業)61.5%、CRM・SFA47.7%であった。

次回システム更新及び導入時に自社開発システムを利用する意向をみると、財務・会計 11.8%、人事・給与8.8%、販売管理31.6%、生産管理・SCM(加工組立製造業)20.0%、生産管理・SCM(プロセス製造業)30.7%、CRM・SFA21.1%となり、いずれも現在の利用率を下回った。

今後のシステム導入においては、自社開発に替わってパッケージ利用が進むと予測している。

また、販売管理、生産管理・SCM においてもパッケージの利用が進むとしている。

販売管理、生産管理・SCM は、現在自社開発システムを利用している比率が 5 割以上あるが、次回システム更新及び導入時の自社開発システム利用意向は 2~3割であり、大きく差が開いている。

従来、販売管理、生産管理・SCM は業種や業態に合わせ、カスタムメイドのシステムを自社開発によって構築する企業が多かった。

しかし、昨今のユーザ企業ではITコストを削減するニーズが高く、販売管理や生産管理・SCM においても、より低価格で導入・運用が可能なパッケージを導入する意向が強まっていると考える、としている。

最新ニュース