シーネット/北京にサポートセンター新設

2013年01月09日 

シーネットは1月9日、中国北京に第一サポートセンターとして希耐特(北京)信息系統を新設したと発表した。

東南アジアに進出する日系企業向けの在庫管理システム「ci.Himalayas/asia」の中国現地のサポート体制を強化するため。

希耐特(北京)信息系統の新設により、システム立ち上げから運用まで、現地での素早いサポートを可能とした。

データセンターを日本に集約して専用の回線を利用することにより、中国固有のインフラ問題にも対応。

これにより、中国基盤をさらに固め、年商1億円を目指し中国での在庫管理システムトップシェア獲得を狙う。

■会社概要
名称:希耐特(北京)信息系統 中国サポートセンター
所在地:中国北京市朝陽区建国門外大街甲24号東海中心1105室
TEL: (86)10-6515-6218
設立日:2013年1月10日
資本金:10万元
事業内容:クラウド型在庫管理システム「ci.Himalayas」の販売・導入支援・保守 関連物流ソフトウエアの開発、ネットワーク構築支援、周辺設備の導入・サポート

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集