アスクル/152億円で建設中の物流施設取得

2013年01月09日 

アスクルは1月9日、オリックス不動産が建設中の大型物流施設を取得すると発表した。

取得するのは、埼玉県入間郡三芳町の敷地面積5万5062.47㎡を46億8000万円。建物は3階建て、延床面積7万2126.34㎡で、105億7000万円。

合計で152億5000万円を全額自己資金で取得する。

一般消費者向け(BtoC)事業「LOHACO」商品を中心とした在庫商品数拡大が狙いで、、自動梱包機導入、入荷フロー改善など徹底した省人化を実現する。

競争力強化に向けたローコストオペレーションの推進、フルフィルメント(受注から配送まで一括して請負うサービス)事業の開始による新たな収益源の確保を進める。

引き渡し日は5月21日を予定だが、稼働までに、マテハン設備等で約40億円の設備投資を計画している。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集