ヤマト運輸/軽商用電気自動車、導入先決定

2012年12月13日 

ヤマト運輸は12月13日、発注していた軽商用電気自動車(以下:軽商用EV)の導入先を決定し、2013年1月末から3月下旬にかけて順次納車する。

<EVのイメージ>

三菱自動車の軽商用EV「MINICAB‐MiEV(ミニキャブ・ミーブ)を100台発注し、東京都内と京都市内で30台が稼働していることから、残りの70台の導入地域を決めた。

導入先は、北海道1台、関東22台、信越10台、中部7台、関西13台、中国7台、四国3台、九州6台、沖縄1台。

ヤマトグループ全体で取り組んでいる環境保護活動の総称である「ネコロジー」を象徴するデザインを採用した。

最新ニュース

物流用語集