伊藤ハム/東京工場の生産能力20%増強、茨城県で工場新設

2012年12月11日 

伊藤ハムは12月11日、東京工場の生産増強と茨城県取手市に工場を新設すると発表した。

ハム・ソーセージの生産体制の強化のため、主力である東京工場(千葉県柏市)を数年かけて70億円を投じ、生産設備の効率化を進め、生産ラインを整流化するとともに、新型の生産設備を導入し、生産能力を20%増強する。

調理加工食品では、20億円を投じ茨城県取手市に新工場を建設し、2013年9月に稼働を計画している。

東京工場の生産能力の増強
場所:千葉県柏市根戸1-3
敷地面積:16,571坪
建物面積:7,743坪
設備ハム・ソーセージ、調理加工食品
生産能力33,000トン/年間(現行)

取手工場(仮)の新設
場所:茨城県取手市下高井
敷地面積:21,306坪
建物面積:1,814坪
設備:調理加工食品一貫生産ライン
生産能力:2,600トン/年間

最新ニュース

物流用語集