UPS/気候変動対策の評価ランキング、輸送部門で1位

2012年12月11日 

UPSは、気候問題に取り組む米国のNPO団体クライメート・カウンツ(Climate Counts)が毎年実施する企業の気候変動対策の評価ランキング「クライメート・カウンツ・カンパニー・スコアカード」の一般消費者向け輸送部門において、4年連続で第1位を獲得したと発表した。

UPSは、このランキングの対象となったグローバル企業全145社中、同率2位にランクされ、ランキング上位では唯一の輸送およびロジスティクス業者となった。

クライメート・カウンツはUPSを、「気候変動対策において特に優れたリーダーシップを発揮した」企業として15社のみが選出される「急上昇」のカテゴリーに分類した。

このクライメート・カウンツのレポートは、世界の大手コンシューマー・ブランドを対象とし、気候への影響の査定と温室効果ガス排出量の低減、気候変動政策に対する支援、および消費者に対する明確で包括的な情報開示22項目での企業の取り組みを評価したもの。

今年のレポートでは、対象企業のうち、気候・エネルギー戦略を公開している企業が、同レポート初年度である2007年の25%から66%に増加していることが分かった。

また、今年のスコアカードの全体の平均点は52.1(UPSは89)で、こちらも2007年のレポート開始以降初めて50以上となった。

最新ニュース

物流用語集