富士通/トラックドライバーの運転技術、評価システムを提供

2012年12月04日 

富士通は12月4日、環境性や安全性の視点でドライバーの運転技術を全国レベルで評価するサービス「TRIAS/TR-SaaS エコ&セーフティドライブベンチマークサービス」の提供を開始した。

物流業界向け運行支援システム「TRIAS/TR-SaaS」をクラウドサービスで管理・分析し、新たに追加するサービス。

<サービスのイメージ>

商用車の運行データを管理・分析するクラウドサービスを用いて、無線通信機能付デジタルタコグラフで収集した全国の商用車の運行データをクラウド環境で集約・分析し、それらのデータをもとに、各ドライバーの運転技術をE&S指数で評価する。

このサービスにより、物流業者は、自社のドライバーの運転技術を全国レベルで確認しながら、各ドライバーのレベルに応じて、よりエコで安全な運転に向けた指導や育成をきめ細かく行え、さらには、ドライバー自身の技術向上、および意識改革につなげていくことができる。

販売価格は一車両あたり月額300円、出荷時期は12月4日。販売目標は、2015年度末までに累計2万車両。

■TRIAS/TR-SaaS エコ&セーフティドライブベンチマークサービス
http://segroup.fujitsu.com/logistics/product/delivery/triastr-saas-b/

問い合わせ
富士通コンタクトライン
TEL:0120-933-200

最新ニュース

物流用語集