年末年始高速道路/下り線ピークは12月29日~30日、1月2日~3日

2012年11月30日 

東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路、本州四国連絡高速道路の各社と日本道路交通情報センターは11月30日、年末年始期間 の高速道路で予測される交通集中による渋滞(10km以上)の傾向と対策などをとりまとめた。

年末年始の渋滞は、下り線は12月29日~30日と1月2日~3日に、上り線は1月2日~3日にピーク時10km以上の渋滞が多く発生すると予測している。

ピーク時の渋滞区間では、1月2日の関越道上り線がもっとも長く、高坂SA付近で渋滞の長さは約45㎞、通過時間は約1時間30分と予測している。

出発時間を渋滞ピークが予想される時間帯の前後にずらすなど、渋滞を避けた利用を呼び掛けている。

最新ニュース

物流用語集