日本郵船/開発途上国向け寄贈に無償輸送協力

2012年11月29日 

日本郵船は11月29日、開発途上国向けに支援活動を行っている国際協力NGOジョイセフの「再生自転車の海外譲与事業」と「想(おも)い出のランドセルギフト」に再生自転車とランドセルの海上輸送に協力したと発表した。

<ランドセルで通学する山道の風景>

これまでに輸送した再生自転車の総数は、2012年11月の450台を合わせ3万424台、ランドセルは2012年6月の1万6722個を合わせて10万5929個となった。グループでは2000年度からこの輸送に無償協力している。

2004年度からはジョイセフが行うランドセルの輸送にも協力。日本全国から集められたランドセルは、ボランティアによって傷や汚れなどがないか一つずつ検品・梱包され、約3週間の航海と数週間のトラック輸送を経て、アフガニスタンの子どもたちに届けられる。

贈られたランドセルは、片道10キロ以上の険しい山道を通学している子どもたちの両手が空くことで、けがや不慮の事故を防いでいる。大人たちにとっても、ランドセルは子どもを学校へ通わせることの大切さが目で見て分かる「教育」の象徴になっている。

最新ニュース

物流用語集