三菱ふそう/小型電気トラックを中日本高速道路に納入

2012年11月28日 

三菱ふそうトラック・バスは11月28日、中日本高速道路が実施する高速道路維持管理用電気自動車の研究開発車両として、小型電気トラック「キャンター E-CELL」1台の納入が決定したと発表した。

<ベース車両「キャンター」(左)、「キャンター E-CELL」(右)>

キャンター E-CELLは、2010年のIAA国際商用車ショーと2011年の東京モーターショーで初公開した、走行中のCO2排出がゼロで、地球環境に配慮した電気自動車。

当時発表した車両は、リチウムイオンバッテリー(40kWh)とモーター(出力70kW、最大トルク300Nm)を搭載し、10時間(200V)の充電で、約120kmの走行を可能としている。

最新ニュース

物流用語集