豊田通商/メキシコに鋼材加工センター設立

2012年11月26日 

豊田通商は11月26日、メキシコの中南部に新たな鋼材加工センターTTPM社を設立すると発表した。

キシコ北部にも、稼動中の鋼材加工センターであるTSP社に増資し加工能力を増強する。

メキシコ全土での鋼材加工事業の展開を加速し、材料の現地調達化が進むメキシコで、材料の調達から供給までの一貫したサービス体制を構築する。

■TTPMの概要
社名:Toyota Tsusho Processing De Mexico S.A. de C.V.
事業内容:鋼板類(ステンレス中心)の加工・販売
設立:2012年10月(操業開始:2013年8月を予定)
所在地:メキシコ サンルイスポトシ州 サンルイスポトシ WTC工業団地
資本金:US$950万 (約8億円)
株主構成:豊田通商50%、豊田通商アメリカ(Toyota Tsusho America Inc.)50%
従業員数:約40名
設備仕様:大型スリッター1基、ミニスリッター1基(加工能力:5万トン/年)

■TSPの概要
社名:Techno Steel Processing De Mexico S.A. de C.V.
事業内容:メキシコ国内外での電磁鋼板・二次加工製品の製造・販売
設立:2002年6月(操業開始:2003年4月~)
所在地:メキシコ ヌエボレオン州 モンテレイ FINSA工業団地
資本金:US$175万(約1億4000万円)
増資後資本金:US$425万 (約3億4000万円)
株主構成:豊田通商62.22%、豊田通商アメリカ(Toyota Tsusho America Inc.)33.50%、
JFE電磁鋼板4.28%
従業員数:約80名

最新ニュース

物流用語集