ボーイング/サプライチェーンのソフトウェア会社を買収

2012年11月07日 

ボーイングは10月25日、サプライチェーンマネージメント、メンテナンス、リペアおよびオーバーホールサービスに特化したソフトウエア会社ミロテクノロジーを買収したと発表した。

ミロテクノロジーはボーイングの防衛・宇宙・安全保障部門のGSS事業(サービスサポート)に組み込まれ、GSS事業で既存のシステムに融合する。

タペストリー・ソリューションズ社、フェデラル・ソフトウエア・グループ、CDMテクノロジーなどの最近の買収に続き行ない、ロジスティックス関連の戦略を進化させるために行われた最新のものとなる。

ミロテクノロジーの強みは、販売後の製品のロジスティックス支援、メンテナンス、サプライ、リペア、PBL管理用に設計される即用可能なソフトウエアソリューション。

ボーイングは、これまでにこのソフトウエアをC-17やAH-64アパッチなどの大型PBL契約の際に使ってきた。

最新ニュース