カンダホールディングス/4~9月の売上高3.6%増、営業利益13.2%減

2012年11月02日 

カンダホールディングスが11月2日に発表した2013年3月期第2四半期業績によると、売上高131億3200万円(前年同期比3.6%増)、営業利益5億8900万円(13.2%減)、経常利益5億8100万円(11.8%減)、当期利益2億8800万円(20.4%減)となった。

グループは主力業務である物流センター業務代行、流通加工業務に注力し新規顧客の獲得に向け努力してきた。また、ペガサスグローバルエクスプレスを核として本格的な国際物流事業への進出に向けて体制整備に注力する等、グループが一丸となって新規顧客の獲得に努力してきた。

国際物流事業を中心に売上高が伸びたものの、震災復旧に伴う日用品関連等の取扱いが一段落し、増収減益となった。

通期は、売上高270億円(6.0%増)、営業利益14億1000万円(2.1%増)、経常利益13億4000万円(1.3%増)、当期利益6億7000万円(1.3%増)の見通し。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集