日本石油輸送/福島県と茨城県でメガソーラー発電事業

2012年11月01日 

日本石油輸送は11月1日、茨城県神栖市と福島県郡山市で来年3月から、メガソーラー発電事業を開始すると発表した。

神栖市では、グループ会社の営業所隣接地に、郡山市ではヤード(鉄道貨車の留置用線路)の転用により、計2.6メガワットの太陽光発電設備を設置する。

JX日鉱日石エネルギーの参画を得て、新たなエネルギー供給事業として、東日本大震災の被災地における復興支援の一助として取り組む。

事業概要
JOTソーラーステーション神栖
発電出力:2.0メガワット(2,000kw)
設置場所:茨城県神栖市2.7万㎡

JOTソーラーステーション郡山
発電出力:0.6メガワット(600kw)
設置場所:福島県郡山市0.8万㎡

最新ニュース