ヤマトHD/環境保護活動のサイト開設

2012年10月09日 

ヤマトホールディングスは10月9日、ヤマトグループの環境保護活動の総称をネコロジーを名づけるとともに、ポータルサイトを開設した。

<ネコロジーのトップ画面>

「ネコロジー」とは、ヤマトグループの社員一人ひとりが常に環境保護の意識を持って日々の各業務に取り組んでいくこと、また、物流の「包む」「運ぶ」「届ける」のみならず、その他さまざまな事業を徹底的にエコロジー化し、環境にやさしい物流の仕組みを築いていくこと、ヤマトグループのサービスを利用するたびに、顧客の環境保護の想いがかなえられるように、つねに環境にやさしいサービスを考え続けていくこと、を目指す環境活動の総称。

「ネコロジー」サイトには、7つのテーマ(「包む」「はこぶ」「届く」「減らす」「リサイクル」「伝える」「つくる」)に沿って、それぞれについての具体的な活動を紹介。

電気自動車による配達や、環境にやさしいリターナブル資材FLIXなど、現在実施中の取り組みを分かりやすく伝えるとともに、新たな活動を実施した際には随時コンテンツを増設する、としている。

■ネコロジー
http://www.yamato-hd.co.jp/csr/necology/

最新ニュース