SGリアルティ/物流施設で初の環境性能最高位を取得

2012年09月28日 

SGリアルティは9月28日、SGリアルティ横浜が、日本政策投資銀行のDBJ Green Building 認証(ロジスティクス版)で、同制度の対象としては初となるプラチナ(最高位ランク)を取得したと発表した。

<SGリアルティ横浜>

SGリアルティ横浜は、マルチテナント型施設として、複数のテナント企業の生産性・利便性の向上を図るべく、充実した車両待機スペース、上下専用ランプウェイを設け、また約900㎡の大規模な屋上緑化を配し、環境面・省エネ面に配慮している。

施設内に休憩スペースやコンビニエンスストアを設け、働く人々にも快適な施設となっている。

DBJ Green Building 認証制度は、物流施設の環境性能に加えて、防災・防犯、省エネ、そして同施設で働く人にとっての快適性など、不動産を取り巻くステークスホルダーからの社会的要請に配慮した不動産(Green Building)の普及促進を目的に、DBJが独自に開発したスコアリングモデルにより、時代の要請に応える優れた不動産を5段階に評価するもの。

■施設概要
物件名:SGリアルティ横浜
所在地:神奈川県横浜市神奈川区守屋町3-11
敷地面積:3万9293.24㎡
延床面積:8万3472.60㎡
構造規模:鉄骨造地上4階建

最新ニュース