日本政策投資銀行/SGリアルティの物流施設を環境対応で認証

2012年09月27日 

日本政策投資銀行は9月28日、SGホールディンググループのSGリアルティが保有する物流施設に対し、DBJ Green Building認証を実施したと発表した。

<SGリアルティ横浜>

今回認証したのは、2012年5月に竣工した、最新鋭でSGグループのフラッグシップ物流施設である「SGリアルティ横浜」。日本政策投資銀行が同年8月にDBJ Green Building認証ロジスティクス版を創設してから、物流施設への認証は今回が初めてとなる。

今回の評価では、外皮や照明など、多くの環境配慮・省エネの技術を取り入れている他、約900㎡の大規模な屋上緑化も実施している点、広々とした休憩スペースやコンビニエンスストアを設置するなど、施設内で働く人々の利便性や快適性に配慮した物件の管理・運営を行っている点等、最先端の施設として、ゆとりある基本スペックを備え、あらゆるニーズに応えることのできる次世代型の物流施設である点を高く評価した。

結果、「国内トップクラスの極めて優れた環境・社会への配慮がなされた物流施設」として「Platinum 2012」の認証を付与した。

■DBJ Green Building認証制度
http://www.dbj.jp/service/finance/g_building/index.html

■SGリアルティ横浜の概要
所在地:神奈川県横浜市神奈川区守屋町3-11
敷地面積:約3万9293㎡
延床面積:約8万3473㎡
竣工:2012年5月
階数:地上4階

最新ニュース