ロジザード/初期費用0円の次世代クラウドWMS、提供開始

2012年09月12日 

ロジザードは9月10日、物流在庫管理ASPロジザードプラスの後継システムとして次世代クラウドWMS「ロジザードZERO」のサービス提供を開始した。

ロジザードZEROは、倉庫と荷主のための物流サービス向上をコンセプトの元に機能や操作性、料金設定までを再構築し、英語、中国語を始めとしたマルチリンガルにも対応した次世代のクラウドWMS。

<操作性にこだわったシンプルなデザイン>

クラウドWMSを提供して11年、500社を超える導入現場の要望を取り入れ開発したもので、初期費用0円を実現(導入サポートオプションも用意)し、バーコードを活用した様々なフリーロケーション管理に対応している。

通販対応を標準化し、15もの受注管理ソフトにも連携でき、中小企業から大手企業までIT初心者にも管理しやすいシステム構成や操作性の高い構成をしている。

新たに強化した機能は、ロット管理、賞味期限管理、シリアル管理の在庫管理キーと、複数倉庫管理、複数荷主管理、海外の物流対応、マルチブラウザ対応等で、現場での様々な利用形態でもすぐに使えるラインナップにした。

初年度は導入現場数1,000を目指しており、月額費用は従量課金制(1荷主単位)10,000円からで、ハンディレンタル11,000円(1本)、拠点サポート10,000円(1拠点につき)など。

■ロジザードZERO
http://www.logizard-zero.com/

問い合わせ
ロジザード
営業部
TEL:03-3432-2571(9/18以降は03-5643-6228)
info@logizard.co.jp

最新ニュース