SGホールディングス/自然体験学習を実施

2012年09月11日 

SGホールディングスは9月11日、滋賀県守山市の水田(浦谷農園)で、9月8日に環境教育「自然体験学習(稲刈り体験)」を実施したと発表した。

<稲刈りの様子>

、約150名の参加者が稲を刈り取り、「はさがけ」と呼ばれる伝統的な手法で自然乾燥し、収穫した米は精米後、10月中旬には「飛脚米」として、田植えや稲刈りの参加者に配布する。

絶滅危惧種に指定されている琵琶湖固有種の「ニゴロブナ」の稚魚(10万匹)を水田で育成し、琵琶湖へ放流するなど、生物多様性の保全について考える取り組みも行った。

自然体験学習は、「自然の恵み」や「食物の大切さ」を学ぶことを目的に、SG ホールディングスグループ従業員・家族、及び守山市民を対象に2007年度から実施しているもので、今年で6回目。

最新ニュース