ハローズ/香川県に低温物流センター、10月稼働

2012年09月11日 

中四国でスーパーを展開するハローズは10月1日、四国地域の物流拠点としてハローズ坂出低温センターを稼働させる。

中四国エリアにおける物流の効率化を図るため、四国クロスドックの仮称で計画を進めていたもので、通過型センターとして機能し、四国の全店舗に乳製品、日配品、パン生菓子、野菜、果物、食品、お米、酒類を1日3便で供給する。

敷地面積2300坪、建物面積980坪(内専有部分106坪)の規模で、食品物流企業であるムロオの高松支店汎用センター内に設ける。

センター稼働により、業務の標準化、生産性改善、エリアMDの構築と帰り便使用によるMDの支援や仕入原価の低減を図る。

具体的な効果として、直納ベンダーの入荷車両の減少と検品作業レスによる荷受け作業の軽減、定時店着(センター便)による作業計画の効率化と生産性の向上、EOS、EDI比率の向上による事務処理コスト削減や、広島・岡山店舗と同条件でのオペレーションの標準化などを見込んでいる。

なお、運営管理はニチレイロジグループのロジスティクス・ネットワーク、作業はムロオが行う。

施設概要
名称:ハローズ坂出低温センター
所在地:香川県坂出市林田町 ムロオ高松支店汎用センター内

最新ニュース