鹿島/タブレットを利用した車両運行管理システム大規模適用開始

2012年09月05日 

鹿島は9月5日、タブレット型GPS端末を利用して、ダンプ等の運搬車両の位置をリアルタイムに把握するシステムを宮城県で実施中の石巻ブロック災害廃棄物処理業務に適用したと発表した。

交通状況に応じたルート変更指示や落下物発見等の緊急通報などの双方向連絡が可能な「スマートG-safe」を開発したもので、石巻ブロックで稼働中の60台のダンプに同システムを搭載し、稼働している。

<システム概念図>

システムは、車両に搭載したタブレット型GPS端末により車両位置をリアルタイムでGPS測位を行い、その位置情報や積荷情報等を工事事務所の運行管理室に自動送信し、地図画面に一元管理することができるシステムで、今後、合計約100台のダンプに搭載を予定している。

ドライバーから簡単な操作で「渋滞」、「落下物」、「交通規制」、「浸水」などの位置情報を運行管理室に集約することができ、さらにその情報をリアルタイムに全ての車両の端末の地図に表示す。

さらに渋滞を回避するために、運搬ルートや積み込み仮置き場の変更を運行管理室からタブレット型GPS端末を通じてドライバーに直接指示できる。

最新ニュース

物流用語集