日機装/35億円投じ、生産拠点を再構築

2012年09月03日 

日機装は9月3日、静岡製作所が東海地震の想定震源域内に立地していることから、生産拠点の再編成を決定したと発表した。

静岡製作所は主要製品の医療機器や航空機部品などを生産しているが、安定した供給が必要であると判断し、生産拠点の再編成を決決めた。

静岡製作所の医療機器と航空機部品の製造分野は、大部分を金沢製作所に建設する新工場に移転し、静岡製作所は、開発・技術などの中核拠点として活用する。

なお、生産拠点の再構築では総投資額35億円を見込んでいる。

■新工場の概要
所在地:金沢市北陽台3-1(金沢製作所敷地内)
延床面積:計1万7000㎡(メディカル)1万3000㎡、(航空宇宙)4000㎡
従業員数:約350名

最新ニュース