丸全昭和運輸/大阪府堺市に4万㎡の倉庫、2013年9月稼働

2012年08月24日 

丸全昭和運輸は8月24日、大規模な免震倉庫「堺新倉庫(仮称)」を2013年9月に稼働すると発表した。

<完成予想図>

4階建てで、延床面積が4万2108㎡sw、4両面プラットホームにドックレベラー6基を備えている。

輸出入貨物のバンニング・デバンニング作業が可能で、一般倉庫に危険物倉庫3棟を併設し、一般倉庫の一部と危険物倉庫1棟には定温設備を備えている。

地震対策のため基礎免震構造を採用し、地震の力を吸収し揺れを大幅に低減。津波対策として敷地を盛土で高くしている。

大阪南港から10㎞、2013年末再開予定の阪神高速4号湾岸線「三宝I.C」から2kmの好立地で交通アクセスに優れている。

2014年の阪神高速大和川線の開通により、大阪中心部を経ることなく、京都・名古屋・東京へのアクセスが可能となり、交通の利便性が更に向上する。

■堺新倉庫(仮称)の概要
住所:大阪府堺市堺区築港八幡町1-157,158
構造:鉄骨造4階建 (免震構造)
敷地面積:2万5300㎡

有効階高:6~7m
床荷重:1階2.5t/㎡
2~4階:1.8t/㎡
設備:エレベーター5t:3基、
垂直搬送機:1.5t 6基、
ドックレベラー:3.5t 6基、
定温庫:(5~20℃)

問い合わせ
丸全昭和運輸
関西支店 
担当:稲田
TEL:06-6361-5331 

最新ニュース