メディセオ/川崎市高津区にフルラインの物流センター竣工

2012年08月22日 

メディセオは8月22日、川崎市高津区に医療用医薬品の物流拠点「南東京ALC」が23日に竣工すると発表した。

<南東京ALC>

メディセオは全国一律のサービスを提供するため、都市型フルラインセンターを整備したもので、稼働は10月を予定している。

投資額は約70億円(土地、建物、設備等)で、エリアは神奈川県川崎市、東京23区南部(新宿区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、杉並区)をカバーし、年間の出荷金額は当初約1200億円を計画している。

得意先に近い立地にフルラインのセンターとして設置し、直接得意先に届ける方式に転換することで、品揃えの拡充とリードタイムの短縮を実現する。

独自に開発した需要予測システムにより、過剰在庫と欠品が生じないよう単品ごとに在庫を最適なレベルにコントロールし、定時・適量の完全納品を可能にする。

情報システムを活用した独自のマテハン技術とエンジニアリングによって、正確で効率的な在庫管理と庫内作業、配送作業を実現し、作業の効率化を図りながら、安全性と信頼性を高める。

一部免震機能を施すとともに、停電時の自家発電装置、災害時の緊急配送用バイクを配備し、地震などの災害時にも安定供給できる体制を整えるとともに、ID認証システムを採用し、高いセキュリティを確保する。

■南東京ALCの概要
名称:メディセオ「南東京ALC」
所在地神奈川県川崎市高津区千年1200-1
敷地面積:8847㎡
建築面積:5726㎡
延床面積:2万1767㎡
構造:鉄骨造、ラーメン構造、地上5階建

最新ニュース