日本郵船/空気潤滑システム搭載バルカー竣工

2012年07月27日 

日本郵船は7月27日、大島造船所と共同開発を進めていた世界初の主機掃気バイパスによる空気潤滑システムを搭載した石炭運搬船「SOYO(双洋)」が大島造船所で竣工した。

<石炭運搬船のSOYO(双洋)>

グループの日之出郵船が、運航のモジュール運搬船「YAMATO(大和)」「YAMATAI(邪馬台)」に搭載され世界初の恒久的運用に成功した送風機方式による空気潤滑システムに続き、空気潤滑システムとしては3隻目の実船搭載となった。

主機掃気バイパスによる空気潤滑システムとは、主機の過給機から掃気(燃焼用空気)の一部を抜き出して船底に導き、船舶と海水の摩擦抵抗を低減させてCO2削減を図るもので、主機掃気バイパスによる方式は喫水の深い大型船舶でもCO2削減効果が得られるシステムとして期待されているという。

海上試運転で、計画通りの安全性と性能が実証され、深い喫水の状態で約4%、浅い喫水の状態で約8%のCO2削減効果を確認した。

就航後も実航海における実証実験を行い、主機掃気バイパス空気潤滑システムの信頼性確認と性能評価を実施していく。

SOYO(双洋)概要
全長:235.00m
全幅:43.00m
計画満載喫水:12.981m
総トン数:50,872トン
載貨重量トン数:91,443トン
造船所:大島造船所大島工場

最新ニュース