アルフレッサ/高度な温度管理物流を開始

2012年07月25日 

アルフレッサは7月25日、治験薬とスペシャリティ・ファーマ等に対応した高度温度管理物流事業を開始したと発表した。

高度な温度管理を必要とする治験薬やスペシャリティ・ファーマ等の配送業務の受託を目的とし、安心安全な高度温度管理物流をローコストで提供するもの。

1~30℃の常温品、2~8℃の冷所品、-20℃の冷凍品まで、あらゆる温度帯における長時間の保冷配送を実現した。

医薬品と治験薬向けに新開発した高機能保温ボックスと、長時間、一定温度の保持が可能な高機能保冷剤を用い、温度ロガーによって正確なデータ記録を行う。

専用車両による区分配送を必要としない高度温度管理配送が可能となり、保冷配送のコストダウンを実現する。

2010年より保冷配送の研究に着手し、2012年には東京都大田区に温度管理技術研究所を設置するなど、高度な温度管理が可能な医薬品物流の技術開発を続け事業化した。

事業では、アルフレッサが北海道エリアはモロオと、九州エリアは富田薬品と、「物流業務に関する業務提携契約」をそれぞれ締結し、その他のエリアについてはアルフレッサグループ会社を活用することにより、高度温度管理物流に関し、日本全国に対応したきめ細かな物流ネットワークを整備した。

最新ニュース