ホンダ/マレーシア四輪車工場で第二ラインを着工

2012年07月19日 

本田技研工業は7月19日、合弁会社のホンダ・マレーシア・エスディーエヌ・ビーエイチディー(以下、HMSB)が、マラッカ州の既存工場敷地内で第二ラインを着工したと発表した。

2013年中の稼働開始を予定し、「ジャズ(日本名:フィット)」などの小型車やハイブリッド車を中心に生産する予定で、年間生産能力は5万台を計画している。

第一ラインと合計した生産能力は現在の5万台から10万台となる。

投資額は約86億8000万円で、第二ライン立ち上げにともない、新たに約700名の従業員を採用する。

■HMSB概要
設立:2000年11月
資本金:1億7000万マレーシアリンギット(約42億1600万円)
出資比率:本田技研工業 51%、DRB-ハイコム 34%
オリエンタル ホールディングス 15%
所在地:マラッカ州ペゴー(クアラルンプールより南約120km)
事業内容:四輪車の製造・販売
生産車種:シティ、シビック、アコード、CR-V
生産能力:5万台/年
従業員数:約1900名(2012年6月末時点)

最新ニュース