大和ハウス/北九州市の自社物流センターにメガソーラー建設

2012年07月11日 

大和ハウス工業は7月11日、福岡県北九州市のひびき自社所有の国際物流センターの屋根に、出力2MW(メガワット)のメガソーラーを建設し、10月より九州電力へ売電すると発表した。

<ひびき国際物流センター設置イメージ>

ひびき国際物流センターの屋根面(2万3200㎡)に、年間予想発電量2,000,000kWhのメガソーラーを建設・運営・管理する。

同社と大和エネルギーが、再生可能エネルギーの活用による、化石燃料に依存しない社会の実現に向け、メガソーラー事業を開始する第一弾。

大和エネルギーは、発電事業者として九州電力に売電するとともに、メガソーラーの運営・管理し、大和ハウス工業は、メガソーラーの建設工事を請け負うとともに、大和エネルギーに対して屋根貸し事業を行う。

九州電力に全量売電することで、年間約8000万円の売電売上を得ることができ、事業期間(2012年10月から20年間)が終了する2032年までに約16億円の売電売上を見込んでいる。

グループでは、これまで建設してきた物流倉庫の屋根面や遊休地、未利用地にメガソーラーを計画し、積極的に発電事業を展開していく。

2012年度では10MW、2014年度までに太陽光発電と風力発電をあわせて計70MWの再生可能エネルギー発電事業に取り組み、小水力発電なども展開する。

建物概要
建物名称:ひびき国際物流センター
所在地:北九州市若松区響町3-1-5
敷地面積:3万8700㎡
建物延床面積:23,900㎡
構造:平屋建て高床式鉄骨造
太陽光発電システム設置容量:2MW
太陽光発電モジュール:京セラ製多結晶シリコンセル(8,244枚)

最新ニュース

物流用語集