大和ハウス/岡山工場第二工場を稼動、配送センター機能も

2012年07月10日 

大和ハウス工業は7月11日、岡山工場(岡山県赤磐市)に第二工場が稼動する。

<岡山工場第二工場>

<岡山工場第二工場内部の様子>

新設した第二工場は、香川県三豊市の四国配送センターの機能を移管したもので、経営の効率化を図るとともに、マザー工場としての機能強化を図った。

大和ハウスグループの大和物流の配送センターとしても利用する。

今後は、太陽光発電システム816kWを工場屋上に設置し、10月より中国電力へ売電する。

■岡山第二工場の概要
建物名称:岡山工場第二工場
所在地:岡山県赤磐市多賀2056
敷地面積:22万1231㎡(岡山工場全体の敷地)
延床面積:2万814㎡
構造:鉄骨造平屋建
用途:プレハブ住宅部材製造
着工年月日:2012年1月
操業年月日:2012年7月11日
投資額:17億円(太陽光発電システムを除く)
太陽光発電所の名称:(仮称)岡山工場太陽光発電所
太陽光発電システム発電容量:816kW
太陽光発電パネル:シャープ製 (約202 kW:840枚)、サンテックパワー製 (約205kW:840枚)、LGエレクトロニクス製 (約207kW:812枚)、ソーラーフロンティア製(約202kW:1344枚)
発電稼動時期:2012年10月を予定
年間売電売上:約3000万円を予定

最新ニュース

物流用語集