ヤクルト/中国・天津工場の設備増設で1日120万本体制に

2012年06月29日 

ヤクルトは6月29日、中国・天津工場の製造設備の増設を進め、2013年5月には1日120万本の生産体制にすると発表した。

天津工場は、2011年8月、中国第3の工場として1日あたり30万本体制で「ヤクルト」の生産を開始した。その後、華北・東北地区で販売が大きく伸びて、2012年6月からは60万本の生産体制となっている。

■天津工場概要
会社名:天津ヤクルト(日本語)、天津養楽多乳品(中国語)
所在地:中国天津経済技術開発区(TEDA)
資本金:3890万US$
設立:2007年11月29日
建築面積:約7000㎡
敷地面積:約3万8000㎡
延床面積:約9000㎡
生産能力:2012年6月より60万本/日
2013年5月より120万本/日(最終的には、150万本/日)
生産品目:「ヤクルト」
供給地域:主に華北・東北地域(北京、天津、済南、煙台、瀋陽、大連、西安など)

最新ニュース