IPR/データベースアクセス用ミドルウエアを発売

2012年06月18日 

インフォメーションプロセシングリサーチ(以下:IPR)はハンディターミナルのWeb用ミドルウェアとして開発したGondola-NET(ゴンドラネット)を発売した。

<ゴンドラネットの概要>

<ゴンドラネットの在庫管理システムの使用例>

ミドルウエアとはOSとアプリケーションソフトの中間に位置するソフトウェアで、インターネットを経由して直接、サーバのデータベースと容易にアクセスを可能とする。

WEBサーバや専用のアプリケーションも不要で、Microsoft Windows Embedded CEを搭載したHTであれば、TCP/IPや、暗号化等を意識すること無く、従来通りのクライアント/サーバ型のプログラミングスタイルによる記述で、安全で効率的なHTアプリケーションの開発が可能となる。

また、独自のプロトコルによって暗号化されているので、ネット上のセキュリティも万全。

問い合わせ
インフォメーションプロセシングリサーチ
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-31-11
inf-ipr@ipr-tokyo.co.jp
http://www.ipr-tokyo.co.jp/

最新ニュース