日立物流/埼玉県にメディカル業界向け物流センター開設

2012年06月11日 

日立物流は6月11日、埼玉県久喜市に東日本メディカルディストリビューションセンターを開設したと発表した。

<東日本メディカルディストリビューションセンター>

センターは、主にメディカル関連の顧客の商品を扱う物流センターとして、東日本エリア向けに配送する拠点として運営する。

同社グループが推進している、同一業界の複数の顧客に対し、共同保管・共同配送による効率化(プラットフォーム事業)を実現するもの。

設備面では、全ての階で30℃以下を保つことが可能な空調設備、約370坪の保冷庫、約360坪分の危険物倉庫、そして昨今、事業継続計画(BCP)への対策として需要が高まっている大型の自家発電設備を導入している。

各種セキュリティ設備も完備し、顧客が安心できる環境を整備している。

■施設の概要
名称:東日本MDC(メディカルディストリビューションセンター)
所在地:埼玉県久喜市菖蒲町三箇3481-2
建屋仕様:鉄骨鉄筋コンクリート造+鉄骨造、地上4階建
敷地面積 / 延床面積 約2万9600㎡ / 約4万2600㎡
荷役機器等: 垂直搬送機 2.1t×10基、荷役用エレベーター 3.5t×2 基、ドックレベラー 6t×1基、トラックバース数 35 バース
主な取扱商品:メディカル関連

最新ニュース