日通/国内3拠点で温度管理コンテナ取扱業者の資格認定を取得

2012年06月05日 

日本通運は6月5日、成田・羽田・関西の3拠点において、温度管理コンテナ製造のEnvirotainertが開発した民間認定QEFを、日系フォワーダーとして初めて取得したと発表した。

QEFは温度管理コンテナの取り扱いに際し、主に医薬品業界で用いられる物流に関するガイドラインのGDP(Good Distribution Practice)に基づいて、適切な品質管理・社員教育が継続的に実施されている企業を評価する認定システム。

■資格認定取得の概要
取得資格認定:QEF(Qualified Envirotainer Provider)
認定取得場所:東京航空支店NARITA AIRCARGO CITY
       東京航空支店羽田センター
       大阪航空支店KIX HI-SPEED LOGISITICS HUB
認定取得日:2012年5月1日

最新ニュース